トレント レズナー。 トレント・レズナーとフィービー・ブリジャーズ、マリリン・マンソンについてコメント

ナイン・インチ・ネイルズの名曲:トレント・レズナーが生み出した闇

レズナーの崇拝の対象だったデヴィッド・ボウイをはじめ、マリリン・マンソンやラムシュタインのダークなナンバーがリンチの右腕アンジェロ・バダラメンティの手によるスコアの合間に挟みこまれることで、ミステリアスなムードを醸し出している。 エレクトロニクスとヘヴィなロックを融合させたサウンドや過激なライブパフォーマンスで注目を集めていく。 当初はシンセポップを演奏していたレズナーだったが、ノイズやヘヴィ・メタルの要素を融合したインダストリアル・メタルに傾倒して音楽性はハードなものに。

Next

ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、5人目となる子供が誕生したことが明らかに

シリアル・キラーのカップルを主人公にしながらコメディとして仕上がっていた映画の情報量過多な魅力にひと役も二役も買っている。 フィンチャーはネット世代のカリスマを肯定も否定もせず、その謎めいた存在を、エレクトロニックな冷ややかさとロックの生々しさを併せ持ったトレントのスコアで巧みに表現した。

Next

トレント レズナーとは

音楽的にもマッチしたんだ。 1940年代のクールジャズやサードストリームの意匠を借りながらも、同時代の映画音楽には決して存在しないアブストラクトなサウンドスケープは、当時のムードの再現に全力を傾けながらも8Kデジタルカメラ撮影で時代を超越した作品に仕上がった映画本編と共鳴しあうものがある。

トレント・レズナー

しかしこのジャジーでムーディーな響きはどうだ。 私は10代の頃から、彼に(彼の好みに合いように)教育され、何年も私を恐ろしく虐待しました。 2016年の『Not The Actual Events』や翌年の『Add Violence』などのEPは、『The Fragile』時代のアウトテイク、インストゥルメンタル・トラック、別音源を集めたコンピレーション『The Fragile: Deviations 1』と共に、最高のナイン・インチ・ネイルズの曲になり得る素材がまだまだ眠っていることを示唆している。

Next

トレント・レズナー、マリリン・マンソンを非難「25年近く前に彼とは絶縁している」(Billboard JAPAN)

当時の君や俺がいかに素晴らしかったかのかを思い出すね』ってね。 偏った民族意識が力を持ち始めていることをね。

Next

トレント・レズナー、個人的交流があった故デヴィッド・ボウイへの感謝の思いを語る

疑惑が明るみになって以来、マンソンは所属レーベルのLoma Vista Recordingsから契約を切られ、StarzのTVドラマ・シリーズ『アメリカン・ゴッズ』とShudderのホラー・シリーズ『クリープショー』の出演回から削除されている。 「当時説明したように、マンソンの自伝の一節は完全なでっち上げである。

トレント・レズナー、個人的交流があった故デヴィッド・ボウイへの感謝の思いを語る

亡くなっているアーティストの場合は有名なアーティストや遺族が代理として出席して、殿堂入りを果たすことととなる。

ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナー、5人目となる子供が誕生したことが明らかに

ナイン・インチ・ネイルズは3度目の候補入りとなった今回、殿堂入りを果たしており、米『ローリング・ストーン』誌によるインタヴューの中で、トレント・レズナーは今回の発表に「とても驚いている」と語っている。