マジック 対 ラプターズ。 八村塁と渡邊雄太、2度目の直接マッチアップは実現なるか【2月11日(木)午前9時:ラプターズ対ウィザーズ】

日本時間1月14日のマジック対セルティックス戦が延期

その中で上記の回答は英語によるやりとりで、以下のような表現だった。 第4Q残り5分3秒までに89-93と4点差にまで詰め寄ったものの、以降は攻撃が続かず、逆にラプターズに13-2のランを許してしまった。

Next

ラプターズがマジックを圧倒し、シリーズは1勝1敗に

日本時間1月13日(現地12日)、NBAは14日(同13日)に予定されていたオーランド・マジック対ボストン・セルティックスの一戦を、リーグが定めた健康・安全プロトコルに従い延期すると発表した。 今シーズンのマジックでは21本中4本を決めて、成功率は19%だった。 チームを牽引するのはブラッドリー・ビールだ。

ラプターズで居場所と役割を見いだしたのは渡邊雄太だけじゃない、飛躍を遂げるケム・バーチ「このチームには自由がある」

それがマジック戦に向けた格別のモティベーションになったのだろうか。 センターの人材に困っていたラプターズへの加入を彼は「夢がかなった」と表現した。

Next

NBA 渡邊雄太(ラプターズ)がキャリアハイの3Pショット3本を含む11得点など光る活躍で勝利に貢献

なおラプターズは16日と18日、2季連続のMVPとなったヤニス・アデトクンボ(26)を擁する東地区全体2位のバックスと敵地ミルウォーキー(ウィスコンシン州)で対戦。

Next

NBA 渡邊雄太(ラプターズ)がキャリアハイの3Pショット3本を含む11得点など光る活躍で勝利に貢献

直近の試合となる2月9日(同8日)のシカゴ・ブルズ戦は、今季初めて先発で起用されたダービス・ベルターンスが4本の3ポイントを沈めて勝利に貢献。

Next

ダービス・ベルターンス(ウィザーズ)に聞いたショット・メイカーのメンタリティー(月刊バレーボール&月刊バスケットボール)

だが、べインズが自分の良さを出そうとハードワークすればするほど、チームのオフェンスは停滞した。 一方のマジックはアーロン・ゴードンが20得点、テレンス・ロスが15得点をマークしたものの、オールスターのニコラ・ブーチェビッチが2試合連続で6得点と不調に終わった。

Next

ラプターズで居場所と役割を見いだしたのは渡邊雄太だけじゃない、飛躍を遂げるケム・バーチ「このチームには自由がある」

渡邊はこの日で連続出場が6試合となったが、これは昨シーズンの2月26日から3月7日までの7試合に次ぐキャリア2番目の記録。 マジックでのバーチはバックアップのビッグマンとしてプレータイムを得ていたが、特に目立つことのない『どこにでもいる控え選手』だった。 1も増加。

Next