丘 の 上 の パン 屋 さん。 横浜美しが丘西『丘の上のパン屋』絵本のような素敵なパン屋さんに行ってみた|まわりみち*ライフ

ときがわ町の「丘の上のパン工房(ARAI)」

パンに入れる野菜やフルーツは、お店近くの青葉ファームや御主人の実家で採れた無農薬のもの。 丘の上のパン工房 「丘の上のパン工房」と聞くと大草原の小さな家のような想像をするのですが、周囲は少し雑然とした印象のある場所なので、かなり雰囲気が違います。 メルヘンな雰囲気のパン屋さん。

Next

ときがわ町の「丘の上のパン工房(ARAI)」

訪問の際は店舗に直接ご確認ください。 出来れば食べ比べてみたいと思います。 朝章さんにとって、『パン』とは何ですか? 朝章さん:一言で表現するのは難しいですね(笑)。

Next

パン工房 ARAI (アライ)

緑に囲まれた静かな場所にある真っ白い建物は、2017年に移転オープンしたばかりの新店舗。 黒沼さんの空間づくりのこだわりとは? 「建物は、アメリカの農家にある納屋をイメージしました。 ふんわりとした雰囲気のお二人ですが、パンに向けるまなざしは鋭い。

丘の上のパン屋

だからこそ、丘というロケーションや店舗空間に驚きのある仕掛けを作り、ここにしかない商品をそろえ、その独自性をSNSで発信してきました」 じつは『丘の上のパン屋』が建っている場所は、もともと畑だったところ。 そういったストーリーのある店づくりが、訪れる人の心をつかんでいる。 Related posts• エコバッグご持参頂きましたお客様には、ご自身でのお包みをご協力頂き、使用したテーブルはその都度消毒しております。

Next

ときがわ町の「丘の上のパン工房(ARAI)」

僕が作ったパンを「美味しい」と言ってくれるお客さんがいらっしゃるので、その方たちの為に 細く長く、パンを焼き続けられたらと思っています。

Next

丘の上のパン屋

イートインもあり、ドリンクを中心に豊富なラインアップ。 この日は食パンが残っていました。

Next

横浜美しが丘西『丘の上のパン屋』絵本のような素敵なパン屋さんに行ってみた|まわりみち*ライフ

ゆっくりとお店の扉を開けると、一瞬にして焼きたてのパンの香りと、なんとも柔らかい空気感に包まれ、それだけで幸せな気分に…。 。

Next

丘の上のパン屋|横浜市青葉区|田園都市線たまプラーザ駅

緑の中でパンを頬張るなんて、都心部ではできない贅沢な体験じゃないですか。 これだけイートインスペースが充実しているのも、サイクリングをしている人たちに人気があることにも理由があるようです。

Next