星野 リゾート マイクロ ツーリズム。 GoToトラベルの衝撃と「星野リゾート」の現状

星野リゾート代表・星野佳路氏の提言「マイクロツーリズムの時代」~新型コロナの影響

そこで私たちは初めて、都市に来る観光客だけをターゲットにすることにしました。

Next

「マイクロツーリズムから考えるまちの魅力」アフターコロナのまちと賑わいを考える対談シリーズvol.05

そこで、自社サイト・SNSなどを通して、施設の取り組みについて発信しましょう。 2%にも上っていた。 企業や自治体もマイクロツーリズムへの取り組みを始めており、旅行業界はマイクロツーリズムによる新たなニーズへの対応が求められています。

星野リゾートが徹底重視するお客さんの「悩み」

星野リゾートはこれからも新しい旅行の形をどんどん提案していくでしょう。

マイクロツーリズムのすすめ:地元観光を楽しもう

具体的に説明すると、温泉旅館というのは、泊まって温泉に入って、料理を食べることが目的です。 旅行はいろいろな付加価値をインテグレーション(統合)していって、それを一つの商品として提供していく側面がある。 8月の稼働実績を昨年比で見ると、昨年はインバウンドが47. 逆に地域の人が関心を持たないような場所は、やっぱり活気を感じられないことが多いように思えます。

Next

星野リゾート「マイクロツーリズム戦略」が好調。稼働がほぼ昨年水準まで回復する中、秋冬の見通しを星野代表に訊く|FINDERS

市場規模は約28兆円を誇り、規模的には自動車や金融と変わりのない観光産業が、なぜ日本経済に貢献できていないのか。

Next

星野リゾート「マイクロツーリズム」で活路/前編

観光を奥深いものにしようと思ったら、やっぱり地域の人達の、地域への愛情ってのは不可欠だと思うのです。 そのためには、自分から地域コミュニティに入っていって、何らかの貢献をすることが必要でしょう。