担う 意味。 「担う」の意味とは?敬語での使い方と例文・類語を詳しく解説

「一端を担う」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

「一端(いったん)」…一部分、片はし、一方のはし• 例文を見てみましょう。

Next

志望動機で使える「一翼を担う」の意味と使い方とは?類語、例文、英語表現も解説

正しい書き方は「一端を担う」ですから、気をつけましょう。

Next

「会社を担う」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

日本の未来を担うべき子供たちには、さまざまな経験を積み、規定のことにとらわれない広い視野を持つように育ってほしい。

担うとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

「悪事の一端を担っていたとは全く気付けなかった」• 「責任を持って」や「役割を果たして」と言うよりも、好印象を与えることができます。 かつぐ。 (出典:精選版 日本国語大辞典) ・ 参加( さんか) 意味:ある目的をもつ集まりに一員として加わり、行動をともにすること。

Next

担う(になう)の類語・言い換え

1 物を肩に支え持って運ぶ。 「一役を担う」の例文2 「とても自分に一翼を担えるとは思えない」 自分にはとても荷が重いをいう使い方です。

Next

「一役を担う」とは?意味や使い方を解説

「 一端を担う」は客観的な叙述なので、履歴書などで使うときは「一翼を担う」の方がベターです。 また、プラスな意味合いが含まれないからといって、マイナスな意味合いが含まれるわけでもありません。

Next

「一端を担う」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

したがって、「一翼」と「一端」はどちらも「一部分」を表すものの、「一翼」のほうがより重要なニュアンスがあるのです。 「一役買う」については、既に説明しているので外しています。

【一助を担う】と【一翼を担う】の意味の違いと使い方の例文

相手のやる気を高めたいとき 例:優秀なあなたには、研究の一翼を担ってほしい。 よって、以下の意味などの説明は、主に元の 「一翼を担う」のものです。 2 ある物事を支え、推し進める。

Next