ナス の 育て 方。 【ナスの花を見ればわかる!】追肥のタイミングと育て方

茄子(ナス)に発生する病気の症状と対策

ナスの苗を植えてから1ヶ月間は追肥の必要はありません。 苗を植えた後、苗の周りを土で埋めてあげます。 まとめ ナスは水切れと肥料切れに注意して育てれば初心者でも次から次へと実を収穫することができます。

Next

ナスの育て方は水やりがポイント!美味しいナスの栽培方法

速効性を求める場合は、耕したところに水やりをすると効果的です。 また古くなった葉や枯れた葉も取り除きます。

Next

ナスの育て方

このように春から夏まで成長した枝葉の長さを切り詰め、伸びすぎた根も途中で切ること疲れ切った株を再生し、秋ナスの収穫につなげます。

Next

ナス(茄子)の栽培方法・育て方のコツ

(3)作業は穂木の方から始める。

Next

ナスの種の取り方

成長点近くに花が咲く• 畝に根鉢より大きめの植え穴を掘り、根鉢の土が地表面から1㎝程度出るように浅植えにし、周りの土を寄せて株元を軽く押さえます。 1.大根の後作に植えたほうが良い野菜 大根の後作... 夏野菜の茄子は 太陽が大好きです。 このころに植えると、本来疲れが出はじめる7月下旬に活発に生育し、夏バテすることなく8月から収穫することができます。

ナスの育て方、種まき、育苗から追肥、支柱立て、たくさん収穫できるコツ

また、乾燥には弱いため、保水力のある土で育てましょう <植え付け時期> 発芽から約2ヶ月後。 仮支柱として、竹ひご2本を斜めに交差させ、株を軽く挟んで立てて。 枝はやや太めで、節間は中短。

Next

ナスの育て方

いつも皆様の応援に感謝しております。 茎は全体にしっかりとした苗を選びましょう。

Next