Youtube アナリティクス 見方。 YouTubeでのアナリティクスの見方、活用方法を紹介!

YouTube アナリティクスの基本

アクセス解析したデータを確認できるのはGoogleタグマネージャー上ではなく「Googleアナリティクス」です。 そして上記以外にも、下記のアクセス解析を確認できます。

Next

【解説】YouTubeアナリティクスの見方と活用方法 | 福岡動画スタジオ

初心者が覚えるべき用語『PRM』 収益ページの見方で大事となってくる 「PRM」という言葉は、1,000再生毎の収益に対し1つのチャンネルが再生回数1,000回毎にどれだけ収益金額を得ているのかを表す額になります。

Next

YouTubeでのアナリティクスの見方、活用方法を紹介!

YouTubeに「ログイン」して右上のアイコンをクリック• 詳細を見ると、再生開始直後の赤く囲まれた部分で約半数のユーザーが視聴をやめてしまっていることが見て取れます。 ユーザー登録など初期画面です。 再生場所 こちらはトラフィックソースと似ていますが少しテイストが違います。

YouTubeチャンネルの分析方法は?YouTubeアナリティクスの見方や見るべき指標を解説

大切なのは 動画制作をする上で自分が何を伝えたいのか、視聴者のニーズにどう答えていくかということです。 こちらは平均15~20%とされていおり、視聴維持率が高いほど視聴者を動画に長く留めれていることになるので、必然的に平均視聴時間も長くなります。 ダウンロード配信に偶然遭遇できちゃったので、ちょっと舞い上がっちゃったかもです。

Next

【解説】YouTubeアナリティクスの見方と活用方法 | 福岡動画スタジオ

またページ右上の 「レポートをダウンロード」をクリックすると視聴者属性のデータを取り出すことができるので、そこで特定のターゲット層への動画再生回数を算出することができます。

Next

【即実践!】YouTubeアナリティクスの絶対に見て欲しい5つの指標

データをとった時点では、登録者もまだ10人しかいないのでやはり割合が少ないです。

Next