亀岡 イギリス 村。 古き良きイギリスがそこに。京都亀岡「ドゥリムトン村」へ。

ユメミファクトリー

新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。 なかでも「クリームティーセット」は大人気です。

Next

亀岡のイギリス村へ行ってきた

店舗勝手口の造形• 店内は、狭いながらも様々なアンティークの調度品が揃えられ、イギリス郊外のこじんまりとしたレストランに入ったような雰囲気です。 ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

『京都亀岡のイギリス村 ドゥリムトン・・・なにこれ!!』亀岡(京都)の旅行記・ブログ by hn11さん【フォートラベル】

上品なイギリス紳士のような日本紳士のスタッフに案内されて店内へ。 既に数台の車が駐車してあり、その中にイギリスを代表する大衆車Miniが3台仲良く駐車してあり、徐々にイギリス村訪問に気分が高揚してきます。 喜寿の日から始めました。

Next

イギリスの村が京都に!?ドゥリムトン村で夢のようなひと時を

デコボコ道に車を左右に振らせながら適当な駐車場所を選び車を停めることにしました。 何と説明したら良いのか判らない風景が、山あいに突然現れ・・・来ていた観光客の声が聞こえました。

Next

ユメミファクトリー

ポントオークではオリジナル紅茶の販売も行っており、紅茶へは並々ならない熱意がありそう。 村内にはアンティークショップのような建物がいくつかあり、そこで家具や食器類、楽器や洋服などを販売しています。

ドゥリムトン村 クチコミ・アクセス・営業時間|亀岡【フォートラベル】

曲がりくねった峠道をひたすらまっすぐ走り、曽我部町から西別院へ入り、しばらく行くと見えてくるのがドゥリムトン村です。 自然いっぱいでのどかな場所です! ヒツジやカモ、猫さんもいました!触れ合うことはできませんが遠くから見てるだけでも癒され... 飲み物には紅茶、という典型的なイギリスの料理を選択。 写真は、京都の英国と云われる・・・その風景。

ユメミファクトリー

。 ちなみにバスの場合、「亀岡」から「京都学園大学前」まで250円、乗り換えて「奥野」まで200円なので片道合計450円となります。

Next

こんな京都もあるってご存知?小さな英国「ドゥリムトン村」

こ利用の皆様の寛ぎを第一に優先しています。