雨雲 レーダー 東北。 気象庁

気象庁

2 60. 2 21. 0 5350. このため、遠くまで観測するためには、レーダーを山の上や鉄塔の上など高い場所に設置する必要があります。 発射した電波が戻ってくるまでの時間から雨や雪までの距離を測り、戻ってきた電波(レーダーエコー)の強さから雨や雪の強さを観測します。

Next

気象庁

このため「みぞれ」は、上空の雪片よりも、また下層の雨滴よりもよく電波を反射します。 これをブライトバンドと呼びます。 寒冷前線付近は対流雲が発達しやすく、 落雷や竜巻などの突風、急な大雨に注意が必要です。

気象庁

このような融解層(ブライトバンド)が水平に広がりを持っている場合、気象レーダーのアンテナをある仰角で水平に回転させて観測すると、強いエコーがレーダーを中心とする環状の領域に観測されます。 9 13. 2 5345. 0 49. 0 5360. また、戻ってきた電波の周波数のずれ(ドップラー効果)を利用して、雨や雪の動きすなわち降水域の風を観測することができます。 送信電波が曲げられて地表面や地表の構造物などに当たって反射すると、降水がないところに強いエコーが現れる場合があります。

Next

気象庁

2 12. また、地球表面が球面であるため、遠距離では電波が上空を通過し低いところの雨や雪を観測できなくなります。

Next

気象庁

ブライトバンドの領域においては、雨の強さを実際よりも強く推定してしまう可能性があります。 8 5350. 8 5365. 1 22. 5 5350. 気温が0度となる高度付近の、みぞれが存在している領域は融解層と呼ばれ、それよりも上層・下層と比べて局所的に強いエコーが気象レーダーによって観測されます。

Next

気象庁

気象レーダー• 1 12. 降水粒子には、固体(雪やあられ)の状態であるよりは液体(雨)である方が、また粒が大きい方が、気象レーダーの電波をよく反射するという性質があります。 5 5345. 0 5350.。

Next