御法度 落語。 BS朝日「御法度落語おなじはなし寄席!」から その1「時そば」

御法度落語 おなじはなし寄席!

ちなみに、「酢豆腐」と「ちりとてちん」がそもそも同じ噺かというとおおいに疑問があるが。 。

Next

御法度落語 おなじはなし寄席!

若旦那はキザで嫌がられているが、若い衆たちが復讐する必要があるほど憎い相手でもない。 なのでこの番組はとても便利です。 楽しく遊んでいる江戸っ子たちの粋な噺である。

「御法度落語 おなじはなし寄席」BS朝日 が面白い|林家はな平|note

」というその言葉を体現してくれている番組だからです。

BS朝日「御法度落語おなじはなし寄席!」から その1「時そば」

同じ材料で同じメニューを作っても、料理人の調理の仕方で味が変わりますよね。 白酒師のだくだくは、テレビで聴いたことがあったかなという程度。 過去に厳しく批判した新作ちりとてちんが、あやめ師となんの関係もなかったことを確認。

Next

BS朝日「御法度落語おなじはなし寄席!」から その5「ちりとてちん」

女の登場人物を増やしたこのちりとてちんを、今度は、女が上手い男の噺家である菊之丞師が掛けたら実に面白そうだ。 テレビのネタに戻ります。

Next

BS朝日「御法度落語おなじはなし寄席!」から その3「長屋の花見」

改作したちりとてちんを、東西比較にぶつける制作側のセンスに脱帽。 成功しているとはいえない女流を念頭に置くと、あやめ師はやはりすごい。 初めて落語を聴く方にはここをまず楽しんで貰いたいですね。

Next

BS朝日「御法度落語おなじはなし寄席!」から その7「だくだく」

酢豆腐は、決していじめの噺ではない。

Next

BS朝日「御法度落語おなじはなし寄席!」から その5「ちりとてちん」

既存の落語は男目線で作られているから、女流がそのままやってもウケないとされている。 落語の東西交流は盛んだが、テレビでもって東西の落語が両方掛かるということは少ない。 ひと頃、当ブログの記事のため、同じ噺を聴き続けていたものだ。

Next