次 世代 育成 支援 対策 推進 法。 次世代育成支援対策推進法に基づく情報の公表丨大正大学[公式サイト]

行動計画(女性活躍推進法・次世代法)|企業情報

ステップ3:行動計画の公表• 5 今後、会社で検討・実施してほしい支援制度 など• くるみんロゴマーク 出典:厚生労働省ホームページ(). 労働者の要望は多岐にわたりますので、それらをまとめるとともに、「会社で今後検討・実施してほしい支援制度」についての意見も広く募る必要があるでしょう。 脚注 [編集 ] []. 他方、環境経営格付機構が環境評価に加えて、従業員が育児休業を取得しているかといった評価項目を追加する動きや、東京都千代田区が、国が定める育児・介護休業法の内容を上回る制度がある企業に対し、入札時の総合評価の点数に5%を加算する仕組みを導入するなど評価出来る動きも出てきている。 ただし、現実にはこの「社会的取り組みの状況」は、環境報告書が最低限満たすべき基本的な枠組みである「環境報告書作成基準」には含まれていない。

Next

連合|女性活躍推進法および次世代育成支援対策推進法に基づく連合本部事務局行動計画について

くるみんマーク・プラチナくるみんマークを広告等に付し、厚生労働大臣から認定を受けたことを対外的に明らかにすることで、学生や社会一般へのイメージアップや優秀な従業員の採用・定着などにつながります。 「次世代育成支援対策推進法(次世代法)」とは?|2005年に施行された時限立法 次世代育成支援対策推進法は、急速な少子化が進行している中、次の社会を担う子どもたちが健やかに生まれ、安心安全な環境で育っていけるよう、国を挙げて環境整備に努めるために2005年に施行され、10年間を集中的・計画的取組期間とした時限立法です。

Next

くるみん認定(次世代育成支援対策推進法)制度と活用のメリット

また、従業員のニーズを把握するにあたっては、以下のような項目を調べてみましょう。

Next

次世代育成支援対策推進法に基づく管内認定企業一覧

3 仕事と子育ての両立で苦労している点• 法定時間外労働の平均時間• 基本的には、以下の5つのステップで実施します。 ・だれもが快適に過ごせるまち• 詳しくは、最寄りの労働局へご確認ください。

くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて |厚生労働省

目標を決める 次に、子育て支援のための行動計画として盛り込むのにふさわしい目標を決定します。 法律の概要は次のとおりである。 「多様就業型ワークシェアリング」の普及を促進するため、業種別に短時間正社員等の多様な働き方に係るモデルの開発・普及を図る。

Next

次世代育成支援対策推進法の概要|厚生労働省

第13条、第14条の規定に基づき、一般事業主行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、必要書類を添えて申請を行うことにより、「子育てサポート企業」として厚生労働大臣(所轄長へ事務委任)の認定(次世代認定マーク、通称「 」)を受けることができる。