ヘリテイジ テント。 「はじめての登山テントどれにする?」 5大人気テントを試し張りレビュー!|YAMA HACK

テント選ぶならここも見て ヘリテイジ/ハイレヴォ2

。 ステラリッジに比べてやや重い代わりに、数値以上の解放感があるそうです。

軽量テント HI

8kgくらい• 切れ目のないフレームスリーブを採用しているほか、テント後部とフライシート後部の連結はバックルで簡単に行え、スピーディーな設営が可能です。

Next

ヘリテイジ(HERITAGE)の超軽量テント「ハイレヴォ(HI

今回の山行では32リットルのザックで水を除き7kg程度に抑えられたため、見た目は小屋泊の方と同等だったと思う。 本体、レインフライともに高い撥水性能を備えているほか、レインフライは室内への雨の侵入を最小限にブロック。

軽量テント HI

ザ・ノースフェイスの山岳用テント。 後はフライシートをかけ、張綱を固定すれば設営は終了。 悪天候時の快適さを重視する、遠征用テントとして開発をスタートした、エスパースだからこその特長です。

登山テントのおすすめ15選。軽量モデルをピックアップ

すべての登山者のニーズに応える新シリーズ。 昨年涸沢でアライの二人用を使ったら、一人では広すぎて寒い感じがしました。

Next

Hi

「強度を保ちつつギリギリまで軽量化する」というメーカーの執念を感じられるモデルです。 本体には軽量な15デニールリップストップナイロンを使用し、フライシートには20デニールリップストップナイロンを採用。 単体では3シーズン仕様ですが、オプションのウィンターカバーを揃えることで4シーズンに対応します。

Next