徳川 御 三 卿。 御三卿とは

江戸時代後期の歴史を動かした「御三卿」をわかりやすく解説!

なお、御三家は、宗家である徳川将軍家を補佐する役割もあったと言われていますが、具体的に制度や役職として定められていた訳ではないため、全国の諸藩と同様に、藩政を行なったと言います。

Next

御三卿とは

12代当主の徳川 篤敬 とくがわ あつよし が42歳で早世すると、徳川 圀順 とくがわ くにゆき が13代当主となる。 また尾張家、紀州家、駿河徳川家 徳川秀忠の三男徳川忠長 の大納言家を御三家と呼ぶこともあった。

Next

【刀剣ワールド】徳川御三家|徳川十五代将軍一覧

徳川御三家となったのは尾張徳川家・紀州徳川家・水戸徳川家である。 このため、一橋家の宗尹の血筋が一時は代々の将軍と御三卿・水戸家以外の御三家を含めた親藩のほとんどの当主を独占するに至ったが、幕末において宗尹の血筋は田安家でしか続かず、逆に御三家から庶子や隠居した元当主が入って一橋家や清水家を相続するという、創設当初には想定し得なかった事態となった。

Next

【刀剣ワールド】徳川御三家|徳川十五代将軍一覧

ここでは、「御三家」と「御三卿」 それぞれの役割や与えられた特権について、わかりやすくお伝えします。

Next

徳川御三家、徳川御三卿からの征夷大将軍就任

11代将軍徳川家斉は、清水徳川家を再興するために30年間をかけて、自身の子を次々と清水家当主に据えました。 NHK放映の「英雄たちの選択」などへの出演で知られる評論家宮崎哲弥氏は、慶応大学時代に同じゼミに属していた家広氏のことを「私の大学時代の親友」と述べている。

Next

【刀剣ワールド】徳川御三卿|徳川十五代将軍一覧

水戸藩最後の藩主は11代徳川昭武(とくがわ あきたけ)である。

Next